TOP > ウェブ会議の豆知識 > ウェブ会議と月額費用に関するメリット

ウェブ会議と月額費用に関するメリット

何らかの設備を導入しますと、毎月コストがかかってしまう事があります。
その料金を気にしている方も少なくありません。
分かりやすい例はレンタルサービスです。
パソコンなどの電子機器を借りている方も多いですが、レンタルサービスは月額料金を支払う事になります。
数年間に渡って借り続けるとなると、トータルコストも大きくなってしまうケースも多いです。
会議システムも同様です。
人数が多い企業ですと、できるだけ会議を効率化する為に、テレビ会議を導入している事も少なくありません。
ミーティングルームなどで会議するよりは、テレビ会議の方が色々便利なので、そのシステムを導入している企業も多いです。
しかしその会議システムを利用するなら、月額料金も支払う事になります。
そしてウェブ会議には、その月額料金に関するメリットがあります。


ウェブ会議のシステムは、よくテレビ会議と比較されています。
どちらもモニター越しに会議するシステムではありますが、前者のWEBの方が格安という声も多いです。
その理由の1つは導入コストです。
そもそもテレビ会議というシステムを導入する為には、専用線を完備しなければなりません。
社内専用のケーブルなどを配線した上で、専門的な機材も揃える必要があります。
その機材の導入費用は、やや高くなってしまうケースがあります。
大規模なシステムを構築すると、初期費用も高くなってしまう事も多いです。
ですがウェブ会議というシステムの場合は、初期費用は格安な傾向があります。
上述のテレビ会議のシステムと違って、わざわざ専用線などを導入する必要はありません。
ですから初期費用を安く抑えたいなら、テレビよりもウェブの会議システムがおすすめです。


そしてウェブの会議システムには、毎月のコストに関するメリットもあります。
そもそも企業によっては、会議システムをあまり頻繁に活用しないケースもあります。
一旦は会議のシステムを導入してみたものの、思ったよりも利用頻度は多くなかったという事例も多いです。
ですが、たとえ利用頻度が少なくても、指定の料金は支払い続ける必要があります。
あまり使わないのに多くの月額を支払うのは、少々困ります。
ですがウェブの会議システムの場合は、従量課金制が採用されている事も多いです。
あくまでも使った分だけ料金がかかるシステムになりますから、使用頻度がそれほど多くなければ、テレビの会議システムよりも費用を抑えられる事も多いです。
ですから月額費用を抑えたいのであれば、テレビよりはウェブ会議が推奨されます。