TOP > ウェブ会議の豆知識 > 地方の活性化とウェブ会議の意義に関して

地方の活性化とウェブ会議の意義に関して

地方の衰退が叫ばれて久しいですが、まだまだ可能性を追い求めるべきではないでしょうか。
都会にはない魅力が地方にはありますし、インバウンド効果も望めます。
特性を活かすことが出来ると、日本全体が活気付くと言われています。
その先頭に立つべきなのが、行政ではないでしょうか。
様々なアイデアを出していますし、それらのアイデアが功を奏しつつあります。
代表例と言えるのが、インストラクター回線を使ったウェブ会議システムではないでしょうか。
北海道から沖縄まで、遠隔地に住んでいても不自由なく会議をすることが出来ます。
会話もスムーズに行うことが出来ますし、経費削減に適しているのではないでしょうか。
民間でも導入するところが増えていますし、働き方改革の一環としてもスポットライトを浴びています。


更に大きな意義となっているのが、サテライトオフィスではないでしょうか。
本社機能を東京に置きつつ、支社を地方に構えるところが増えています。
有名なのが徳島県で、インターネット環境が整備されているので、どんどんとサテライトオフィスを構えるところが増えています。
本社との会議は全てウェブで行うことが出来ますし、社員の評判も上場のようです。
都会の喧騒から離れることで、新しい企画が浮かび易いというメリットもあります。
フレックス出勤にも繋がりますし、女性にとっては子育てと家庭の両立が可能になります。
安全面に関しても万全ですし、情報漏洩の心配は要りません。
IT分野については世界の先駆者が日本ですし、これからもトップランナーとして活躍が期待されています。
未来の会議の形と言えます。


教育現場においても、ウェブ会議の活用が進められています。
世界の子どもたちと繋がることが出来ますし、国際化への一歩となっています。
時代はグローバル化していますし、なるべく幼い頃から世界を知っておくことが大切です。
貧困や差別問題に目を向けるきっかけとなりますし、世界が身近に感じられるのではないでしょうか。
今や一人一台のパソコンやスマホが当たり前ですし、それらを上手に使うことで未来は更に開けるのではないでしょうか。
ウェブ会議の可能性はこんなものではありませんし、平和のキーパーソンとしても役割を担えるはずです。
勉強することで新たな知識を吸収することが出来ますし、ITインストラクターに色々と尋ねてみてはどうでしょうか。
目から鱗の知識があり、驚きと感動が味わえるはずです。